【解説】目の疲れの仕組み

こんにちは、休眼です☆

年末年始はいかがお過ごしだったでしょうか?

特番も多いこの季節にTV漬けだった方も少なくないハズ・・・

面白い番組が放送しているといつまでも見てしまいますよね(´・ω・`)

実は目を酷使する機会が多い年末年始。

TVの見過ぎ・本の読み過ぎ・ゲームのやり過ぎ

皆様はどれが当てはまるでしょうか??

眼は疲れていませんか?

 

では、目の疲れのメカニズムについて簡単にお話させていただきます。

目の疲れの大きな要因の一つはご存知の通りパソコンやスマホ。

近見作業と呼ばれる目の近くに焦点を合わせる行動です。

近くに焦点を合わせると言うことは、水晶体のレンズの屈折率を上げるということです。

これが目には辛いのです!!

レンズに負担をかけたまま、もしくは過度にかけ過ぎ。

それが「軽度の近視」となって目の疲れとして現れてきます。

 

ではピントの調整はどこでするのでしょうか?

答えは・・・

レンズを支える筋肉「毛様体筋」です。

「毛様体筋」がレンズを支え、伸縮することによりレンズの厚さを変えているのですが

「毛様体筋」が凝り固まってしまうと、屈折率が高まったままの状態になります。

それが中々治らない眼精疲労の正体です。

※個人によって原因は様々ですが、とても多い原因だと思います!!

 

その筋肉のコリが原因で

□目が重い・・・・

□ピントが合わせづらい・・・

□目に違和感が・・・

という症状になりかねません!!!

 

 

そのコリを取るのが休眼のトリートメントです(^^♪

休眼での複合波トリートメントはお顔全体のお悩みに対してアプローチしていきますが

特に目元の筋肉にクローズアップした効果に期待されています。

複合波による筋肉の収縮運動で筋肉のコリをほぐしていくのですが

なんとも言えない気持ちよさ・・・・

癒しの柔らかいハンドマッサージとは少し違いますが

コリが強い方にはガツンとしたトリートメントとして実感していただいております。

コリが取れてくるとほぐされた筋肉が微振動によって揺れることで

ポンプ作用による血流促進が目のクマくすみの改善にもつながり

さらにはぽかぽか気持ちよく・・・

トリートメント中に眠られる方も少なくはありません・・・笑

そんな休眼のトリートメントのご予約はお早めに!!

自分のライフスタイルに合わせた眼のケアを始めましょう♪

1月 5, 2017

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です